JavaScriptが使えません。 BACK(戻る)ボタンが使えない以外は特に支障ありません。 他のボタンやブラウザの「戻る」機能をお使い下さい。
本文へジャンプ サイトマップ 検索 大谷昭宏事務所
ホーム 更新情報 フラッシュアップ Webコラム スクラップブック 黒田清JCJ新人賞 活動

事務所のコーナートップへ
大谷昭宏
おおたに あきひろ

1945年(昭和20年) 東京生まれ
1968年(昭和43年) 早稲田大学政経学部卒
同 年 読売新聞大阪本社入社,徳島支局勤務
1970年(昭和45年) 大阪本社社会部勤務,警察担当
1972年(昭和47年) 大阪府警捜査一課担当
1980年(昭和55年) 朝刊社会面コラム『窓』欄担当
以後7年間にわたって『窓』欄を担当
1987年(昭和62年) 読売新聞社を退社後,大阪に事務所を設けて
ジャーナリズム活動を展開している



主な出演番組
テレビ朝日系列「スーパーJチャンネル」(月曜・火曜・水曜・午後4時50分)
文化放送「くにまるジャパン極」(月曜・午前9時)
TBS系列「ひるおび」(2部)(火曜・午前11時55分)
名古屋テレビ「ドデスカ!」(木曜・午前6時)
朝日放送「キャスト」(木曜・午後4時58分)
東海テレビ「みんなのニュースOne」(金曜・午後4時49分)

主な著書(共著を含む)
「事件記者という生き方」(平凡社)
「権力にダマされないための事件ニュースの見方」(河出書房新社)
「冤罪の恐怖」(ソフトバンククリエイティブ)
「法か、掟か」(ゴマ文庫)
「監視カメラは何を見ているのか」(角川新書)
「警察幹部を逮捕せよ!−泥沼の裏金作り」(旬報社)
「殺人率-日本人は殺人ができない!−」(太田出版)
「死体は語る 現場は語る」(アスコム)
「権力犯罪」(旬報社)
「日本警察の正体」(日本文芸社)
「グリコ・森永事件〜最重要参考人M」(幻冬舎)
「事件記者」(幻冬舎文庫)
「事件記者2」( 〃 )
「事件記者3」( 〃 )
「ささやかな少数意見」(マガジンハウス)
「サラリーマンの忘れ物」( 〃 )
「開け心が窓ならば」(解放出版社)
「警察が危ない」(朝日ソノラマ)
「新聞記者が危ない」( 〃 )
「春美16歳の日本」( 〃 )
2016年11月現在

*公式ホームページ http://www.otani-office.com/


大谷昭宏プロフィール 大谷昭宏プロフィール(約90KB)
(上記内容と同じ。印刷してご利用ください)
Adobe Readerのダウンロードページへ 無償配布のAdobe Reader®ソフトウェアを使って、
Adobe PDFファイルの表示と印刷ができます。



詳細資料(関係者専用)

戻る 上へ